厳選!タペストリー作製の基礎知識

Home > タペストリーについて > 知っておきたいタペストリーの特徴

知っておきたいタペストリーの特徴

 近ごろ、販売促進のためのツールとしてタペストリーを活用する方達が拡がっています。
しかしながら、ポスターもしくはのぼりというようなアイテムとの相違点や、その活用法については依然としてしっかりと認知されてないと言えます。
手間ひまかけて利用するならばきちんと効果を発揮するものにすることが重要になります。
ですから、まず第一にどういった物でどういった効果効能が得られるのかをしっかりと知り、それを踏まえて利用することが必要不可欠になります。
タペストリーとは、飲食店もしくは商店の壁並びにガラス窓のところに吊り下げられている種類の広告になります。
部屋のインテリア装飾にすることも可能ですし、壁に対して吊り下げることを通して店舗内の目隠し効果を確保することもできます。
加えて、人の視界に入ることを通じて、ナチュラルにコマーシャル効果が得られるというアピールポイントがあります。

 実際のところはポスターと同じ要領で利用することが出来、確保できる効果についても一緒のことが望めます。
異なるところは素材になります。
ポスターについては紙に対して印刷されているのに対して、タペストリーについてはクロスもしくはテトロンポンジという合成繊維で出来上がった素材に対して印刷が行われています。
元はつづれ織りによって作ったものであると認識されていましたが、世の中も変わって化学繊維の布に対して印刷されたものも見なされるようになっています。
ポスターならば貼付する所を選びますし、水によって濡れると印刷自体が消えますが、化学繊維ならば滲むこともないため、外の方での利用もできます。
加えて、保管も行ないやすく、寸法についても選べるので、装飾したい所に合った大きさで発注できるうえ、オリジナルのものを制作することも可能となります。

 ポスターでなくタペストリーを活用することには複数の利点があります。
まず第一に、管理が容易ということです。
ポスターは、効果的に貼付するということが思いの外難しいケースがあります。
貼るときにはセロハンテープや画鋲が欠かせなくて、途中で落ちたり、剥がした場合にテープ跡が残るという問題があります。
そういった点タペストリーに関しては、スタート時に止める為の金具を準備したり設置するという労力は必要ですが、落ちることはありませんし、きちんと固定する為に掲示状態をキープすることができます。
印刷についても化学繊維に対してトナー印刷されていることから、ちょっとした風雨では落ちる不安もありません。
貼付してからその状態で野放しにしていても不自由しない点で、管理が容易いと言えます。

次の記事へ

カテゴリー