厳選!タペストリー作製の基礎知識

Home > タペストリーについて > タペストリーの生地の種類と特徴について

タペストリーの生地の種類と特徴について

 タペストリーと言いますのは、布を利用することによって作られている装飾品のまとめた名前です。
しかしながら、一括りにしてタペストリーと雖も、布地のタイプは多種多様です。
したがって、タペストリーの布地に焦点をあてて、素材の相違による特徴について理解することは大切になります。
まず、クロス素材があげられます。
これは、折りたたんでも折り目がつかないで、重くないので運び出ししやすいのが持ち味と言えます。
インクジェットによって絵柄プリントが可能なので、楽にタペストリーが出来ます。
発色が非常によく鮮明なことから、写真画像についても色とりどりに表現することができます。
次にターポリンがあります。
屋外においても装飾することができます。
ポリエステルもしくはナイロンによってできた織物を合成樹脂を利用することによってコーティングした素材ですので、テントもしくは横断幕にも活用され、布地の強さもとても高く雨風に強いです。

 また、テトロンポンジといわれる生地があります。
値段も安いため、催し物やコマーシャルの中身ごとにタペストリーをチェンジすることが求められる場合、費用対効果に優れています。
インクの裏抜けが非常によく、両面プリントをすることがなくても、バックからでも文字もしくは絵柄がわかるのも特色です。
生地そのものが薄めで風にたなびくのが特色になりますが、強靭性は低いことから、屋外で活用する場合3ヶ月位しかもちません。
さらに、テトロントロピカルがあります。
これは、 ポリエステル系統の生地の中で厚手で持久性のとても高い生地といえます。
デニール数といわれている生地の厚みに相当する単位で、テトロンポンジの倍あります。
耐性があることから屋外であっても利用できますが、長期にわたる屋外利用にはそれほど向いていません。

 さらに、トロマットという名の素材があります。
これは、ポリエステル生地の一種で、テトロントロピカルと比べてもさらに倍の厚さがあります。
プリントを行なうと発色がとても良いので、一層鮮明にプリントしたいものでありますと、トロマットを利用することによってタペストリーをつくると、素晴らしい出来栄えになります。
加えて、スエードがあります。
これは 光沢を帯びておりポリエステル系になります。
光沢があることから、上級感のあるタペストリーを作り上げたい場合に望ましいです。
透け感あまりなく発色がとても良いのも特有です。
以上のように一括りにしてタペストリーの布地と言いましても、色々なものがあります。
どういったシチュエーションで利用するタペストリーを用いたいのかによって、利用する素材を選択すると賢明でしょう。

次の記事へ

カテゴリー