厳選!タペストリー作製の基礎知識

Home > タペストリーについて > タペストリーの生地の種類と特徴

タペストリーの生地の種類と特徴

 タペストリーと言われている言葉は認識していても、どういった物なのか熟知していない、という人は思いの外見受けられるものです。
あるいは、言葉そのものにそれほど馴染みがない人もいるでしょう。
実際のところ、横断幕及び垂れ幕などとさほど大差はないといえます。
原則として横断幕と垂れ幕との異なるところは、横に対して長いか縦に長いかというところになります。
それを受けて、作成するケースでは一緒の素材を活用することによって作成される割合が高いです。
簡単にいいますとタペストリーにつきましては、ハトメ加工を行った部分に紐などを通すことになります。
そうした紐を使用することによって、壁にかけるなどして利用することになります。
近頃ではオリジナル制作を行ってくれる専門業者が数多くありますが、通常の場合オリジナル製作に取り組むケースでは生地を自らが決定することになります。

 生地のタイプに関しては複数ありまして、オーダーされる人の中にはどういった素材をセレクトしたら一番いい選択なのが見当が付かない人もいるでしょう。
ひとつの例として通信販売のためのウェブサイトなどで扱っている素材においては、ターポリンが見受けられます。
ターポリンの最も大きい特徴は耐用年数になります。
年数に関しては3年~5年と言われていることから、長持ちし易いのが持ち味になるでしょう。
ターポリンに関してはポリエステルの糸を網目状の状態で織り込んで構築されています。
タペストリーのみならず、強靭性から野外テントという形でも採用されている素材になります。
厚みが見られるのが特徴のため、強い陽射しにも強く、屋外に関しても使用することが可能だと言えます。
さらに、布製のものと比較して光を通しづらい素材です。
そのおかげで、デザインが光により見えにくくなることがあまりなく、店の商品を案内する際にも望ましいと言えます。

 また、布製のタペストリーという形で利用される典型的な素材には、トロマットが存在します。
トロマットにつきましては、原則としてソフトで、畳んでもしわが付きづらいという側面を持っています。
例としてしわが付きづらいことによって、保存を行ったあとふたたび利用するケースであっても、手間が取られません。
それに加えて、メッシュターポリンと同様に軽量なことから、運び出しもしやすくなりますので利便性が非常に高いといえます。
一回洗濯マークなどをチェックすることが求められますが、トロマットにつきましては布製の生地のため、製品によりましてはダイレクトに洗濯機を利用することによって回すことができます。
そのため、クリーニングする時の手間が多くないことも特色になります。
しかしながら、干すときには強い陽射しが当たらないところで干すのが通例です。

次の記事へ

カテゴリー