厳選!タペストリー作製の基礎知識

Home > タペストリーについて > タペストリーの主な特徴と使用するメリット

タペストリーの主な特徴と使用するメリット

 タペストリーと言いますのはローマ時代に活用されていた形跡でも判るように、14~15世紀にかけフランスにて進化した美術品という形で、たくさんの作品が作り出されたものです。
加えて、築いてきた歴史は非常に古くエジプト王の墓からも出土されている為、数千年以上の歴史があります。
日本語に訳すと綴れ織となっておりフランス語のからきています。
日本のテクニックのつづれおりと似たものですが、ヨーロッパ文化のもとに関わりあってきたものなので、東洋と西洋においてはスケールや役目、素材といった物が相違していました。
今の国内では壁に引っ掛ける装飾に適した織物のことをタペストリーということで取り扱いしています。
タペストリーは、飲食店など色々な店でガラス窓もしくは壁につりさげ、店の販売促進を行っています。
他の使い方として一個人で手にすることで部屋のインテリア装飾として飾り付けるといった目的もあるでしょう。

 かりにそれなりのコストが必要だとしても、それを店などで活用する場合にはその利点に惚れこんで採用することになるものです。
タペストリーを採用する代表的な利点はどういった文字や絵柄においてもプリントできるということがあげられます。
つづれおりといった古い技法を活用して作ると、デザイン性がある程度制限されてしまいますが、店の販売促進として取り扱う場合は、いまどきのテクニックで作ったものを活用することになるので、自在にデザインを選択できます。
いまどきのものは化学繊維の生地にプリントされるので、旧来のつづれおり技法を利用することによって作り出されたものとは異なる特徴が出ます。
プリントできることは、デザイン性の幅が拡大することを意味していることから、オリジナルの作品も専門業者にきちんと依頼すれば容易に作ることが実践可能です。

 タペストリーは、寸法やスタイル、それから生地のタイプもたくさんあります。
ですので、自分自身のセンスでちょうど良さそうと感じたものをセレクトすることができるでしょう。
それに加えて、ポスターの様に濡れると傷んでしまったり、小さいいたずらで破られてしまうことなく、加えて丸めたことで癖がついて使いやすさが低下するといったウィークポイントがありません。
ですので、長持ちでユーザビリティが良い機能的な販売促進品となります。
こうした効果効能から、店の外壁など、人目につく所にセッティングすることでどういった店なのかを訴えかけることができるようになります。
さらに、集客アップであるとか販売数アップに結びつけることが実行可能になります。
ですから、実際に多くの店舗で有効に活用されています。

次の記事へ

カテゴリー