厳選!タペストリー作製の基礎知識

Home > タペストリーについて > タペストリーのメリットと活用の方法

タペストリーのメリットと活用の方法

 スタイリッシュに店を装飾しつつ、いち押しメニューなどのアピールもしたいと言うなら、タペストリーを有効に活用することをお勧めします。
看板商品等を前面に出しつつ、アイディアによってハイセンスな演出を行なうことができます。
タペストリーと言いますのは布等に文字もしくは写真をレイアウトし印刷を行なって、壁に掛けるものを言います。
店のコマーシャル媒体としては店内や店頭で非常によく利用されます。
懸垂幕と似かよっていますが、懸垂幕に関しては四隅に対して穴を開けて、その場所に紐を通し固定するのに対しまして、タペストリーについては上と下の辺に筒の袋縫い加工を施して、ポールを通し紐で固定することが大半です。
タペストリーについては元来インテリアグッズの1つですから、中身も文字はもとより、写真等を使用したデザイン性のハイレベルなものが多いといえます。

 集客する為にタペストリーをセッティングするメリットは、様々にあります。
タペストリーの主要な特徴については、取り外しがシンプルなこと、セッティングする場所に沿わせるように多種多様なサイズのものを作れることがあります。
それから、立体的ですのでインパクトがあることがあげられます。
ですから多くの店で効果的に利用されています。
また、インテリアグッズにも活用することができ、トータルコストが安いことなどのメリットがあるといえます。
集客向きツールとしては、手を煩わせることなくポジショニングでき、印象にも残り易いところが非常に大きなアドバンテージになります。
看板に比べるとライトでローコスト、ポスターと比べてラグジュアリー感や存在感がある販売促進のためのツールといえます。

 タペストリーの活用の仕方として、看板メニューまた最新の製品のコマーシャル媒体として活かすことができます。
原則として、看板メニューもしくは新発売の品など、商品の中から最もアピールしたいものを書き記して使います。
店頭あるいは店内に装飾し、商品のアピールやセールの連絡などに用います。
店名及び看板メニューのみを書いて店の最前列に装飾し、店の看板代わりもできます。
店のイメージ向上、インテリア装飾として用いることができます。
タペストリーを店のムード作りに活用することもできます。
色の組み合わせやテキスト、写真、デザイン性にアレンジを凝らしたり、季節感を出したり、夜にタペストリーをライトアップという形で演出もできます。
壁が汚くなっている所、物が在る所等の前にタペストリーを下げ、目隠しという形で活用することが出来るのも利便性が高いといえます。

次の記事へ

カテゴリー