厳選!タペストリー作製の基礎知識

Home > タペストリーについて > タペストリーに関する起源および日本国内の活用法

タペストリーに関する起源および日本国内の活用法

 タペストリーと言いますのは、つづれ織りといったもので、縦糸を太目の横糸を活用することによって織ったものになります。
こちらの横糸には、色付きの糸が活用されており、コントラストで多種多様な色合いの織物もしくは織り絵を構築するのが、代表的な特色と言えるでしょう。
ゴブラン織と言われているのが通例で、中世の欧州では頻繁に作られていました。
使用する方法は壁掛けに利用される事が多いですが、どうして壁掛けなのかを分かってる方はあまり多くないようです。
実際のところ中世の城、あるいは砦などは石造りが非常に多く、隙間風が吹くことから冬のシーズンなどは極めて寒かったわけです。
こうした隙間風を防止する為に、タペストリーが掛けられるようになって、次第に英雄譚などが描きだされたものが掛けられるようになったということになります。

 ゴブラン織については、単純に隙間風に歯止めをかけるだけではなく、厚手であったので防音に関する効果にも優れていたと伝えられており、暖房効果を発揮するゴブラン織は上流階級のステータスの一つにもなっていたとのことです。
しかしながらゴブラン織に関しては、元を正せば壁掛け向けに開発されたのではありません。
時代をさかのぼりますと、欧州へは十字軍遠征時に持って帰られたものとのことです。
自明のことですが、絨毯ですので、基本として床に対して敷いて活用するのが適正な用法でした。
しかしながら、綺麗な事ため、広げて踏みしめるのには勿体ないと壁へと装飾するようになったわけです。
後に隙間風を防止し暖房に実効性がある事が認識できると、欧州全体にそのニーズが高くなって、どんどん専門的に作り出されるようになったのです。
このことがタペストリーのスタートとされています。

 日本国内では富裕層の家以外、正真正銘のゴブラン織が装飾されるような事はありませんが、国内独自のものもあります。
元を正せばタペストリーはゴブラン織りを示すものですが、国内ではもうすでに織りあがった布に対して印刷を行なう事で、そういわれる事が増えました。
素材に関しては段階を経て有耶無耶なものになり、ここ最近はビニール素材に印刷を行なった壁掛けにも、同じくタペストリーと名称が付けられています。
飾り方については原則として壁に対して装飾する事が多いですが、場合によっては天井に装飾することもあります。
壁に対して装飾しやすいように上には管が通していて、紐を活用することによって掛けることができます。
タペストリーの取り扱われ方は、近頃ではあらゆる場所で見ることでしょう。
シンプルにポスターの様に飾り目的で活用されることもありますし、百貨店などの美容室などの舗や催し物などの告知、スポーツ大会などの応援幕など、多種多様なところで目にした人もたくさんいるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー