格安で東京エリアへ引越しする方法

進学や就職などで上京する人は多く、東京エリアの引越し業者は熾烈な競争にさらされています。引っ越しをする方法は大きく分けて2つ、1つは専門業者を利用して行う方法で、もう1つは自分で行う方法です。「格安」「激安」など、とにかく費用を抑えて引っ越しをしたいということであれば、間違いなく自分で行った方が賢明です。引っ越し業者に対して支払う費用をすべて節約することができるので、半分以下の費用で済ませられる場合が多いです。しかし、遠距離の引っ越しのように「物理的に自分ではできない」という場合は、使いたくないと思っていても引っ越し業者を利用せざるを得なくなります。そうなるとコストの負担が気になるところですが、業者を利用する場合でもコストを節約する方法はあります。

自分で引っ越しを行う場合の節約術

東京へ引越し業者を利用しないで引っ越す場合、まず考えられる方法は「自家用車で荷物を運搬する」というものです。もし、自宅に軽トラや大型のワンボックスカーなどがある場合、それらに荷物を積み込んで運搬をすることができます。特に、進学や就職などで単身上京するような状況では、荷物自体が少ない場合も珍しくありません。大型の家具家電は購入店舗で配送の手続きを行い、自宅から持っていく荷物の内容をできるだけ少なくすると、普通自動車(箱型)でも十分に対応できてしまう場合もあります。遠方の場合は移動費用が往復数万円になってしまう場合があるほか、労力的にも負担が大きくなってしまうので、車を持って状況する以外の状況であれば「引き上げサービス付きのレンタカー」を利用する方法も効果的です。

引越し業者を利用する場合の節約術

引っ越し業者を利用して行う場合、まずは「業者選び」が大切です。地方を拠点にしている引っ越し業者を利用した方が安く済むのか、それとも東京に拠点を置く引っ越し業者を利用した方が安く済むのかは状況によって異なりますが、業者選びをするときには必ず複数の業者に対して費用の見積もりを依頼することが大切です。ネットで評判を調べて引っ越し業者を選ぶなどして候補を挙げ、それぞれに対して同様の内容で費用の見積もりを依頼します。中には見積もりを取った場合にはキャンセル料などが発生する場合もあるので、余計なトラブルを生まないためにもしっかりと確認しておくことが大切です。複数の見積りをとったら、後はその内容を見比べて一番納得できるものを選ぶだけで費用を節約することができます。