東京への引越し費用を抑える方法

一般的に引越し時に掛かる諸費用は家賃の半年分などと言われています。例えば、家賃が10万円の部屋に移り住む場合には、敷金や礼金がそれぞれ2か月分、仲介手数料が1か月分、荷物を運んで貰う業者への支払いが家賃の1か月分などで、これらの費用を少しでも安くするためには敷金や礼金の家賃に対するかけ率を下げる、仲介手数料が無料になっている物件を選ぶなどが必要になります。東京都内から都内への移転の場合には、短距離プランなどを用意している業者を利用する事で、通常10万円前後の費用が半分近くまで減るなどのメリットにも繋がります。尚、業者を選ぶ時には数社に見積もりを作成して貰い、見積もりの合計額を比較する事が費用を節約出来るコツに繋がって来ます。さらに、見積もりを依頼すれば相場を把握出来る、値引き交渉がしやすくなるなどのメリットが出て来ます。

新居に掛かる初期費用には何があるのか

東京近郊から都内への移転、都内から都内への移転などの場合、近距離での引越しになるため、お得なプランを用意している業者を利用する事で新居に掛かる初期費用を節約する事が出来ます。ちなみに、賃貸アパートや賃貸マンションを借りる時の初期費用というと、家賃の数か月分の敷金や礼金、前家賃、そして仲介業者を利用している場合には仲介手数料などの費用が必要になるため、これらの支払いだけを考える人が多いのではないでしょうか。しかし、新居での新生活は家財道具一式を現在の住まいから新しい家に運ぶための費用が必要になります。この費用を忘れていると、お金が足りなくて移転が出来ないケースも出て来るので注意が必要です。一人暮らしの場合には単身パックなどのリーズナブルな値段のプランを用意している業者を選ぶ事で初期費用を節約する事が出来ます。

家財道具の量が少ない場合には自分で運ぶ方法もあります

東京で一人暮らしをしている人が都内での引越しをする場合、荷物の量が少なければ専門業者に依頼するのではなく、ライトバンなどのレンタカーを借りて、自分で運ぶ方法もあります。この場合の費用はレンタカー料金のみで済むので経済的ですし、レンタカーを借りる時に1日にしておけば慌てて車を返しに行かなければならないなどのトラブルも回避する事が出来るようになります。しかし、大きな冷蔵庫や洗濯機などは一人で運ぶのも大変です。大型家電品や家具類などは専門業者にお願いして運んで貰う、細かな荷物だけを自分で新居に運ぶなどの方法で行えば一人で移転作業を行う事も出来ますし、専門業者の中にはピンポイントだけを手伝ってくれる業者もあります。尚、インターネットの情報サイトを利用する事で、お得な引越しが出来る業者を紹介しているので、こうした情報もチェックしておくのがお勧めです。